本文へスキップ

食肉卸販売 ・ 食肉処理加工 ・ 肉用牛の肥育、生産

青森の豊かな自然を皆様へ

〒034-0001 青森県十和田市大字三本木字野崎499番地2

幻の日本短角牛

和牛No.1の旨み成分!
安全・安心・低カロリー!
良質な赤身の多いお肉!


こんなのびのびした環境で育てています。

短角和牛!名前のように角が短いです。

リラックスしすぎて横になってますね。

寒くなる頃、里に戻し、肥育します。

 上記写真を見て、どう思われますか? ぎゅうぎゅうの狭い牛舎でのみ育っている牛とは全然違いますね。
広く自由な環境で育つのでストレスが無いのです。
青森の豊かな自然!ストレスが無い環境!だからこそ健康で、旨味成分がたっぷりの短角牛になります。


幻の短角和牛【飼育方法】

 「夏山冬里方式」と言いまして、夏から秋にかけては放牧地で育て、冬から春にかけては牛舎で育てます。
弊社で扱う短角牛は5月中旬頃に八甲田山や十和田湖周辺にある放牧地に放ち、10月末まで放牧しています。餌は自然に生えている牧草だけ。10月末になる と放牧地から降ろし、4月まで専用宿舎にて飼育しています。この間の飼料は穀物を少なくし干し草や稲ワラなどを多く与えています。

 広い放牧地でのびのびと運動させ、草を中心に与えているので、脂肪分が蓄積しない良質な赤身の多いお肉になるのです。
この飼育方法は、大変珍しく、環境面、衛生面などの点からみても、これからの現代社会に必要な飼育方法だと思います。


短角牛の美味しさ

 現在の肉の規格には、おいしいと言うことを審査する項目はありません。
上の表を見てもらえば分かるように、このお肉の美味しいさの基となる旨味成分(グルタミン酸・アラニン等)は非常に高のです。

 余計な脂身がなく、香りが高く、噛みしめるほどに味わいのでる赤身の短角牛は、牛肉本来の旨みを味わうための品種です。